曽根駅北 きた歯科

豊中桜塚・曽根駅の歯科医院

根管治療

根管治療は歯の中の治療になります。
虫歯が歯の中の神経までに進行してしまった歯や歯の中の神経をとった歯に出来てしまった根尖病巣を治すための治療です。
根管治療は、例えればビルを建築する時の基礎工事のようなもので、ここの治療を疎かにすると後々不具合が出てくる可能性があり、非常に大切な治療の1つです。

この根管治療がしっかり出来ていないと被せた終わった後に咬んだ時に痛みが出たり他の歯にはない違和感が出現する可能性があります。 
被せた直後に症状はなくても数年後に根尖病巣を形成する可能性もあります。

 

1258K-1.png

1.
歯の中の神経をとる治療が不十分な場合、根尖病巣をつくってしまい症状が出現し再度根管治療を行う必要が出てきます。
歯の神経を取る場合の根管治療の成功率は、一般的には90%と言われていますが神経を取った歯の再治療の成功率は一般的には60~80%ぐらいといわれています。また難治性のものになってしまうと根管治療だけでは治せない可能性が出てきます。

 

 

1258K-2.png

2.
菌が侵入し変質してしまった歯髄を除去して、 神経の入っている部屋(歯髄腔)と、それにつながる根の中の管すなわち根管の壁を針のような器具(ファイル)で少し削りながら、 全体をきれいに清掃します。

 

 

1258K-3.png

3.
歯髄腔の形や根管の数や形は、歯の状況により皆違います。 例えるなら迷路のような洞窟です。直接医療器具(ファイル)が感染部に到達出来ない場合もあります。

 

 

1258K-4.png

4.
このような部位にもお掃除にも効果がある、次亜塩素ナトリウムの消毒液(ご家庭にあるキッチンハイタ―のようなもの)や超音波の器具を用いしっかり洗浄しています。次亜塩酸ナトリウムは殺菌作用の他に有機物溶解作用があり、残った歯髄片を溶解させ、細菌の栄養源にならないようにします。また超音波の器具には振動だけでなく、細かい泡で汚れを落とす(キャビテーション効果)も期待できます。最終的な根管のお掃除が終われば、根管内に細菌のすみかとなる空洞を与えないようにゴムのようなお薬を緊密に根管内に詰めて終わりとなります。

 

 

根管は直接みることの難しい歯でも10ミクロン単位での細かい作業を行います。 根管治療は歯科治療の中でも相当な技術と経験を必要とします。
また技術だけではなく、お口のなかには目に見えませんが細菌が沢山いますので、治療中に唾液が入らないように防湿がしっかり出来ていないと成功率に落ちると言われています。

しっかり防湿が出来ていない場合最初に歯の神経を取る処置(抜髄)の成功率が50%までに低下してしまうといったデータもあります。

また使用する器具(ファイルなど)が患者さんごとにしっかり消毒、滅菌されている必要があります。

次の治療までに外れないようにしっかり蓋をすることも非常に大切です。当院では第一選択に水硬性セメントを使用しています。表面は咬むことで欠けやすい蓋ですが、例え表面が欠けても3mmの厚みが残っていれば、根管外からの細菌の侵入を防げると言われています。また水硬性セメントが脱離しやすい歯や治療期間があいてしまう方にはより脱離しにくいグラスアイオノマーセメントで蓋をしています。

1258K-5.png

 残念ながら根管治療が奏功しない難治性根尖病巣もあり、その場合歯の病気を治す為に、歯根の根尖と病巣を取り除く歯根端切除術、歯の再植法、歯の移植などの経験も豊富ですので、歯を残す為にご提案できます。


掌蹠膿庖症

膿がたまった無菌性膿疱が手の平や足の裏に無数にできる疾患です 歯にかぶせた金属による金属アレルギーや歯の根尖病巣が 原因で発症することがあります。
金属をメタルフリーなものに変えたり、歯の根管治療で改善することがあります。

1258K-6.png